FC2ブログ
 

メンタル

トレードとは直接的な関係は無いけれど、何故か関係がある様に思えてしまう
出来事がありました。
↓この記事参照。

競泳・4位に沈み、ハンセンぼうぜん
7月4日14時9分配信 時事通信
五輪米国代表選考会第5日、男子200メートル平泳ぎでアテネ五輪銅メダルのブレンダン・ハンセンが2分11秒37で4位に終わり、この種目での五輪出場権を逃した。ぼうぜんと電光掲示板を見詰めていた(3日)

ご存知の方もおられると思いますが、北京オリンピックの競泳で、北島のライバルである選手です。
私は、競泳について詳しくもなく、競技経験もなく、TVでたま~に見る程度、おそらくオリンピックで
見る程度のレベルの一般ピーポーですが、何故かこのニュースが気になりました。
体調的には、決して悪くもないし怪我もしてないのに、何故かダメだったのです。
水着もスピード社のを着てたし、同じレースに出た他の選手は、当然ですが、皆、ハンセンに
付いて行こうと、マークしていて、本当なら、勝ってやろうと、レースに臨むところを、端から付いて
行こうレベルだったのです。
折り返した時点で、隣の選手は、ハンセンが自分と並んでいたので、???だったようです。
結果は、上記の通り4位、当然200では、北京に行けません。100では行ける様ですが、、、

原因は、色々言われてますが、各ニュース等で共通している事は、メンタル面の問題です。
すなわち、プレッシャーによるストレスが原因で、体が思う様に動かず、それが原因で、泳ぎの
ストロークが乱れ、リズムが合わないから、上手く泳げない、余計にプレッシャーが掛かり
さらに焦る。まさしく負の連鎖です。

今迄、外人はプレッシャーに強く、日本人は弱いと言われたりしてましたが、やはり外人も同じ
人です。北島が直前に出した世界新記録もハンセンのハートにグサッと刺さったのでしょう。

外見は、でかくてストレス何か関係ない!って、風に見えますが、不安が不安を呼び、さらに
不安な状況に陥る事になったのではないでしょうか?
逆に、本人はストレスとかプレッシャーは関係ない、感じないって思っていても、心理的には
ストレスを感じてたりして、それが結果に出る見たいな事でしょうか?

200でライバルが出なくなり、北島選手も気が緩む事無く、万全な状態で臨んで欲しいですね。
競技は、やってみないとわかりません。結果など、終わるまで誰も分からないのですから。

この事は、トレードにも通じる部分が多くあると思います。
株なり先物、FX等で、一度でも売買された経験のある方なら、お分かりかと思いますが
ポジションを持って、そのエントリー方向と逆に動いた時の精神状態は、まさしくこのハンセン選手の
負の連鎖に通じるのではと、考えます。

複数の指標が買いサインを出した。よし、買いだ!
2分後、買値より下ってきた。あれ、押してるのかな?大丈夫だろう、直ぐ反発するさ。。。
さらに2分後、あーーー、戻らないなぁ。何でかな?
1分後、もー、30円も下ったよー、だめだ、LCしよう。
マイナス30円でLC(ロスカット)
その30秒後、大きな買いが入り、株価は急騰。
ただ見てるだけ、、、

同じく買っている場合で、買値を挟んで上下10円~30円で、モミモミ状態になった時などは
5分10分と粘るけど、結局、買値より+10円程度で、利確して、まあ損するより良いよって
自分を納得させて、その後の急騰を見てる自分がいる。

利益が出ている状態で、例えば、買いエントリーで、その後、予想通り+100円まで伸びたと
しましょう。
チャートを見てる自分は、ホクホク笑顔です。
余裕で、ほら見ろ俺の予想通りや、なんて思ってるかもしれません。
でも、途中押しが入り、高値+100円より-10円20円と、どんどん株価が下って来た時、余裕は
無くなります。まだ利益があるにも関わらず、精神的に追い詰められてきます。
結局、押しの底値(高値より-50円)で、買値+50円で利確、結構な利益が出ているにも関わらず
気分的には+100円を見てますから、損した気分です。勝てたのに勝ててない精神状態です。
この状態だと、焦りがでて、次のエントリーを無理にしてしまいがちです。
そして、+50円も吹き飛ぶ損失を出してしまう。。。

その他にも、あらゆるシュチュエーションが考えられますが、共通する事は、焦りと欲です。
焦りの原因は、自分が思っていなかった方向に動いた時に現れ、その動きが強ければ強いほど
焦りは正比例して増大します。また、現実逃避してしまう人は、そのまま、塩漬け陥るかもです。
欲に関しては、改めてここで書かなくとも、お解かりかと思いますが、10円でも高く売りたい。
10円でも安く買いたい。と言う、もっともっとと、求めるのが強いほど欲は増大していきます。

じゃぁ、何か対策あるの?って、思われている事と思いますが、メンタル的な対策は
一朝一夕に出来るものではありません。
でも、唯一出来る事は、エントリーする時点で、利確幅、LC値を設定して、否応無くその金額に
なると、機械的に決済する事です。
特に寄り引けのシステムの場合、エントリーは当日の始値で、エグジットがその日の大引けですから
朝、注文出せば終わりですから、後は見ようが見まいが、+-の結果は出ます。

シストレって、メンタル的にも利に叶った方法と思いますが、システム自体が、ダメシスならば
損失が増大していく負のシステムになってしまいますがね。

昔、ある寄り引けシステムを購入して、暫くそのサインで売買してました。
見事なまでのダメシスで、すればするほど、損失が増えていきます。ある時、システムのサインと
逆のポジションを持ちました。見事に機能して、2ヶ月位は8割近い勝率で、凄かった事がありました。
ただ単に、そのシステムのロジックが当時の相場の流れにあってなかった時期だっただけでした。
3ヵ月後には、機能しだして、逆バリしなくとも良かったのですが、勝率は落ちました。
3割位か、、、元々機能しないシステムだったのです。

シストレとは、確率です。統計的手法で、確率を追い求め、1分1厘でも高い設定を探す事です。
残念な事に、誰も未来は見れませんですから、過去から未来を探るのです。

誰かバック・トゥ・ザ・フューチャーのドクを紹介してくれませんかね・・・。



スポンサーサイト



 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

az21

Author:az21
2007年システムを構築し運用開始。2008年1月からブログにシグナルを掲載、8月より裁量トレードを掲載。2009年12月をもってシストレ休止。

2010年1月よりマニュアル(裁量)トレードで相場の荒波に挑みます♪

いつからか、謎の金玉団に加入した模様、、、フフフッ。。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングにご協力下さい
毎日「ポチッ」と押してやって下さい。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

パフォーマンス
単位:円
4月収支(日計 = 累計)
1日 0 = 0
4日 0 = 0
5日 0 = 0
6日 0 = 0
7日 0 = 0
8日 0 = 0
11日 0 = 0
12日 0 = 0
13日 0 = 0
14日 0 = 0
15日 0 = 0
18日 0 = 0
19日 0 = 0
20日 0 = 0
21日 0 = 0
22日 0 = 0
25日 0 = 0
26日 0 = 0
27日 0 = 0
28日 0 = 0

4月計 +0円

年間収支(月計 = 累計)
1月計 +860 = +860
2月計 +860 = +1720
3月計 +2610 = +4330
4月計 0 = 0
5月計 0 = 0
6月計 0 = 0
7月計 0 = 0
8月計 0 = 0
9月計 0 = 0
10月計 0 = 0
11月計 0 = 0
12月計 0 = 0
2011年計 +4330円
実績パフォーマンス
年間収支(実績)
2011年計   0円(マニュアル)
2010年計 +9520円(マニュアル)
2009年計 -4150円(シストレ)
2008年計 +4800円(シストレ)
BTパフォーマンス
年間収支(BT)システムトレード
2007年 +10,110円
2006年  +7,580円
2005年  +4,060円
2004年  +6,410円
2003年  +6,010円
2002年  +7,870円
2001年  +9,540円
2000年 +10,390円
収支合計 +61,970円
ブログ内検索
RSSフィード
リンクお願いします
リンク後、連絡を頂ければ、確認しこちらからもリンクします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる